モラルハラスメント脱獄記-モラ母(毒親・毒母)の精神的暴力=DVからプリズンブレイク-

最新更新日:2016/08/29~~記事総数:約400記事(※現在、9割の記事を限定公開設定か、アップ取り止めにしています。)~~モラ母から精神的虐待され続けた、僕とオヤジ、ときどき姉の備忘録&克服記!!&僕が『悲しみ・怒り・憎しみ』などの負の感情に振り回されながらも、それを浄化・克服していく過程を綴った成長記にしたいです。 ~~※当ブログ発足(2010年12月)後の2012年春に、父は末期がんで他界しました。~~※現在、コメント・トラックバックは受付停止してます。~~※記事には星印☆0~5個までの6段階区分けがあります。「読んでいただけたらな」と思う記事ほど星☆が多いです。その分、被害体験などがある心身不調の方々が、調子を崩したり、フラッシュバックなどを起こす可能性が高くなる記事も混じってるかもしれません。※現在、限定公開とアップを取り止めた記事ばかりになっています(全体の9割)。※よろしければ、モラハラ・アンケート調査にご協力下さい。結果も見れます。

March 2014

3
今現在だから思うことだけど、約10年前のあの時、『父が夜中に病室のベッドを抜け出してどこかへ行こうとしていた』あの時期、僕はあちこちに相談しまくれば良かったのだと思う。相談しまくることができれば良かったのに、と思う。

まずは姉に。
疎遠だったけど親戚に。
モラ母を飛び越えて担当医師や病院スタッフにだって。

当時ウツめいてた僕に、夜中に実家マンションの屋上で奇行を繰り返していた僕に、あの問題を1人で解決できるはずもなかった。1人で抱え込む必要なんて全くなかった(ということに今さら気付いた)。

モラ母が全くとり合ってくれないなら、どんなに自分の主観だろうと、「1人で持ち切れない重み」を持ってもらおうと行動すれば良かった。

・『オヤジの目つきがおかしい。あの目は絶望して死にたがっていると思う。』
・『そんな状態のオヤジに、オフクロのあのスパルタ・リハビリは下手したら背中を押すと思う。』

と、主観だろうが、迷惑かけようが、とり合ってもらえなかろうが、「オマエの方が間違ってる・考え過ぎ」などと僕が言われようが、ガンガン相談すれば良かった。実際の父を見てもらえばよかった。そのうちに、何か対策めいたものを誰かが教えてくれたかもしれないのに。

1人で答えを見つけようとする必要なんてなかったのだ。僕が答えを見つける必要すらなかった。誰か他の人でも良かった。1人で抱え込むから、答えを見つけようとするから、間違うし、行動が偏って過激になる。良くも悪くも人を巻き込むべきだった。
~~(これは多分、僕・姉・父・母の全員に言えるんだと思う。あの機能不全家族では、バラバラに動くのが普通だったけど。)~~

あの時、オヤジが死ななかったのは結果論に過ぎないのかもしれない。最悪の事態もありえた。あの時は本当に緊急事態だったんじゃないだろうか・・・

でも、あの時、僕には父の緊急性を『誰かに相談するという発想』が一度も頭に思い浮かばなかった。


~~(10年前の当時から今現在まで、僕は父の担当医師の口から出た事実・言葉を姉には伝えていない。今日まで誰にも言っていない。今回、当ブログに書いたのが始めて。『オフクロが医者をキレさせた』とは、3年前に父の末期ガンが発覚した時の家族会議の流れで姉に言ったけど、詳細までは言わなかった。)~~

続きを読む

1
モラ母が父の担当医師に、『奥さん!旦那さんに自殺されたいんですか(怒)!』と怒鳴られて以降、結局ベッドの取り外せる部分の柵を紐で固定することになった。

僕もモラ母も帰り間際に、紐を結んで柵が取れない様にして帰るようになった。

モラ母も率先して結ぶ様になったし、僕にも結ぶ様に言ってきたから、医師に怒鳴られて思うことはあったのだろう。その対策をとる様になってから、そのことについての不平・愚痴は一度も聞いた覚えがない。

医師から「夜中に父がどこかへ行こうとする」事実と「お叱り」を受けて気付いたのか、その前から父を見て何か感じてはいたのか・・・

10年前当時も今も、担当医師・病院スタッフの方には本当に感謝しかない。僕は物理的に対策をとることなんて、全く思いついていなかったから。


(↓当ブログを応援して下さる方は、クリックして下さると励みになります。いつも読んで下さってありがとうございます。)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ

5
(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれません。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。おまけに今回は長文です。)

  (続き)

病院帰りの車中で、毒母の口から父の担当医師と一悶着あったことを聞いた数日後のこと。

僕と毒母は担当医師に呼ばれて、父の現状やこれからの治療・リハビリ方針などについて説明を受けた。

この時の僕はかなりウツが酷く、頭がかなり重い状態だった。医師が説明している最中もずっと意識にモヤがかかった様な状態で、集中力散漫だった。座って話を聞いてるだけでもしんどい感じだった。目も虚ろだったかもしれない。


医師の話で覚えているのは途中からで、父のリハビリ方針の話だけ・・・

話の流れの中で、

毒母:『前の病院では、(旦那は)もっと歩いたり、他のリハビリもやってくれてたから、リハビリのメニューを変えてもっとやらせて欲しいんですよ。』という主旨のことを言い出した。

~~(前の病院=父が単身赴任中に脳梗塞で倒れた後、最初に搬送された病院。それから約2~3カ月後にこの地元の病院に転院した。毒母は僕にも「前の病院ではもっと色々リハビリをやってくれていた(=この病院のメニューでは足りないから、独自にやらせる)」と何度もグチっていた。僕は「本当に前の病院ではそんなにやってたのか?」と半信半疑だった。)~~

ドクター:『奥さん、それはウチの療法士が判断しますので。前の病院では、ご主人にもっとリハビリをさせてたかもしれませんが、ウチの療法士は今のメニューが適切と判断してるわけなんですよ。ご主人の運動能力がもっと回復したら、その時にそれは考えましょう。』

大体その様なことを医者は言った。

毒母:『でも~前の病院ではもっとやってたからあ・・・リハビリは早くやらないと回復しにくくなるって言うしい・・・』

ドクター:『奥さん、お気持ちはわかりますけどね。でも、ウチの療法士はご主人がまだそこまでの状態に回復していないという判断なんですよ。ご理解下さい。』

毒母:『でも~前の病院ではもっとやってたからあ・・・』

ドクター:『奥さん、前の病院ではやってたかもしれませんけどね、ウチの療法士は実際にご主人を見て、今のメニューが適切と判断してるんですよ。ウチにはウチの方針がありますので、申し訳ないですけどそこはご理解下さい。ご主人の回復具合が良い様でしたら、またその時に考えますので。』

~~(担当医師は別に高圧的・横柄でもなく、むしろ物腰も丁寧で患者・家族の話を聞いてくれる良い先生の様に僕には感じられた。毒母の話も途中で打ち切ったりせず、きちんと受け答えしてくれてることからもそれはうかがえた。その上で病院・療法士の方針も述べて理解を求めてたし、「申し訳ないですけど」とも言ってくれていた。)~~

続きを読む

5
(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれません。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

  (続き)

今から約10年前、ある日の病院帰りの車の中で、モラ母はこんな話をし始めた。

~~(この時、運転はモラ母である)~~

父の担当医師に、『旦那さんが夜(消灯後)にナースコールも押さずにベッドを抜け出して、どこかへ行こうとする・・・』と言われたと・・・

僕はこの事実をモラ母の口から聞いた時の感覚を思い出せない・・・血の気が引いた様な気もするし、嫌な予感がしただけの様な気もする。ウツの状態が悪くて、あまり心に響いてなかった気もする・・・

でも、反応は鈍くなってた時だったとしても、『自殺』はすぐに連想したはずだ。何より僕は「医師がモラ母にその事実を告げる」前から、『オヤジの目がヤバイ、オヤジは死にたがっている』と考えてたし、モラ母に対して色々アクションを起こしていた(全部失敗したけど)。そして、僕自身も夜な夜な実家の屋上に登って奇行を繰り返していた。

~~~~~~~
医者はモラ母に対して、こんな提案をしたらしい。

『ベッドの(外せる部分の)柵を紐で固定して、どこかへ行けない様にしましょう』と。

病院のベッドは、「人がベッドに上がり下りする箇所の柵が部分的に外れる様になってる」タイプが多いと思うけど、

・その部分を消灯中だけベッドの他の部分と紐でつないで固定
   ↓
・柵が取れない様にすれば、半身不随の父は柵を越えられない
   ↓
・父は勝手にどこかへ行けない

という対策らしかった。

~~~~~~~
僕はモラ母に確認してみた。

『・・・それって、「オヤジの体をベッドに紐で縛るなりして・・・動けない様にする」ってこと?』と。

モラ母は、『いや、違う。ベッドの柵だけ固定。父さんが紐で繋がれたりするわけじゃない。』と間違いなく言った。

医者の提案は父自身を『身体拘束』するのではなく、ベッドだけ固定するものだった。モラ母はそれを明らかに認識できていた。

僕はベッドだけの固定なら問題ないと思った。むしろ、「こちらからお願いして、是非やってもらいたい」ぐらいに思った。

~~(今から思うに、正直なところ、最悪『身体拘束』も止む得ない状況だったと僕は思う。仮に父の体がもっと動ける状態だったら、ベッドの柵さえも飛び越えることができたかもしれない。本当に父が「自殺」を考えていたなら、一時的に身体拘束するのは止むを得ない、と僕は考える。少ない当直スタッフに、つきっきりで看てもらうことなんてできっこないし、それを望むのも間違ってると思うし。)~~

~~(身体拘束が法的にどうなのかはわからない。ベッドの柵だけを固定するのは問題ないと思うが、これも法的にどうなのかは正しくはわからない。)~~



続きを読む

3
(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれません。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

  (続き)

モラ母は、「父さんがアンタが味方だと思って反抗ばっかするじゃない(怒)!」・「アンタがおらん時はこんなことなかった(怒)!」ともよく僕に言ってきた。

僕は半信半疑だった。それが本当の様な気もしたし、オフクロの嘘の様な気もした。事実はどっちかわからない。

また、叔父がモラ妻のスパルタ・リハビリを「酷い」とも思ったけど、「兄貴が歩けるようになったけえ、それで良かったんだ」と語ったという話も、「言いたいのは『酷い』の方なんじゃ・・・」と僕は思っていた。

『・・・たしかにオフクロの努力の甲斐かもしれんけど・・・ホンマにそうか?むしろもっと歩けるようになってたところを、オヤジの心を折りまくって邪魔してる可能性もあるんじゃないか?』とも僕は考えた。もちろん、そんなことモラ母本人には言わなかったし言えるわけないけど・・・

~~~~~~~

僕は父が泣いているのを目の当たりにして、それに触発されて、何度もモラ母に物申したしリハビリを変わろうともしたけど、その度にモラ母にはねつけられた。

何度も「・・・でもなあ・・・」と堂々巡りで悩んだ。でも、僕の主観だけど最優先すべきは『父の眼への対処』の様に思えた。『・・いやあ、オヤジのあの眼はどう考えてもヤバイだろ、死にそうだって・・・主観でも何でもいいからオフクロのやり方をどうにかしないと・・・』と思った。

何度も物申すうちに、

モラ母:『・・・アンタって嫌味なヤツじゃね(冷)(悲)・・・』
とも言われた。


モラ母:『どうせ私はバカじゃけえね(怒)!』

僕:『誰もそんなこと言っとらんだろうがあ!!』

毒母:『だったらアンタ、ゴハンつくってみんさいや(怒)!』

僕:『!!』

とお決まり・無理やりのモラ母流:「伝家の宝刀」も飛び出してきた。「・・そうだった・・・そう言えば、こんなん言って相手を黙らそうとするヤツだった・・・」と僕は自分が中学・高校生だった頃を思い出した。

~~(今から思うと、僕がモラ母の「恨み」を買っただけで終わった気がする。だから、「アンタは本ばっか読むけえ、そう(ウツなど)なるんよねえ!」という嫌味を引き出したのかも・・・)~~

続きを読む

1
※この記事はこれ以上更新しません。

☆☆☆☆☆☆☆

パート3のつぶやきコーナーをつくりました。新しく更新したつぶやきが先頭にくるようにします。

☆☆☆☆☆☆☆
(2014/03/21)
3年以上ぶりに、ブログタイトルを多少変更してみました。

旧:『モラルハラスメント脱獄記~モラハラ母の精神的暴力=DVからプリズンブレイク!!~』

新:『モラルハラスメント脱獄記~モラ母(毒親・毒母)の精神的暴力=DVからプリズンブレイク~』

になりました!「にほんブログ村」登録などで、略して『モラルハラスメント・プリズンブレイク』なのは変わりません!大して略せてないなあ・・・

これからも、私「鳴鹿」と「モラ・プリ」をどうぞよろしくお願いします!

2014/03/21 鳴鹿

☆☆☆☆☆☆☆


☆☆☆☆☆☆☆
(2014/03/09)
あたたかくなってたのに、また寒くなってきたやんけ~!!さっきからレミオロメンの『3月9日』が頭から離れない!瞳を閉じればアナタが~瞼の裏にいることで~どれほど強くなれたでしょう~♪

☆☆☆☆☆☆☆
(2014/03/09)
・・・明後日は3月11日、あれから3年か・・

☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆
(2014/02/06)
最近、『履歴書が書けない、就活』などのキーワード検索で当ブログに来て下さる方が数名おられた。・・・就活生?そう言えば、そういう時期だったわ・・・

就活生の方、当ブログは就活中には毒にしかなりません。就活記事も良くて反面教師にしかなりません。読まないことをオススメします。危機回避能力でスルーするのが無難ですよ~。

内定取った後に、読んでくれたらウレシイなあ・・
(* ̄∇ ̄*)

☆☆☆☆☆☆☆
(2014/01/20)
着る毛布はあったかいんだが、これ着てパソコン使ってると袖がボタンに当たっていちいちめんどくさいことになる。タッチパネルの場合だとどうなるんだろう・・・僕がスマホに変えない理由の1つは、通話状態の時に「ミシミシ」鳴るほど力入り過ぎ・汗かき過ぎでガラケーを握る傾向のある僕が(近年だいぶ改善されたけど)、スマホに変えたら・・・「力入り過ぎてスマホの画面割れるんじゃないか?」という不安があるからでもある。

☆☆☆☆☆☆☆
(2014/01/16)
新年特需が終わった・・・過去をほじくり出さないと桜が咲いてしまう・・・

☆☆☆☆☆☆☆
続きを読む

2
  (続き)

僕はウツっぽい重い頭を抱えながら、何度も迷った。モラ母に「父の目は死にたがっていると思う」と伝えることを。

『・・・でもなあ・・・言うても全部オレの主観じゃし・・絶望している人の目なんて今まで見たことがあるわけじゃないし・・大体オレ自身が「死にたい」と思ってるからそう思うんじゃねえの?夜な夜な屋上に上がってるし・・・オレの気持ちをオヤジに当てはめるのも違う気がするし・・・大体オフクロは人の話聞かねえし・・言ったからってあのスパルタを止めるとは思えんし・・・でもなあ・・・』などを延々と堂々巡りで悩んでいた。


「オフクロがオヤジをよく観察するようにならないか=絶望の目に気付くんじゃないか」と考えて、『・・・ねえ、オヤジもうボケとる可能性ってないん?』とモラ母に角度を変えて遠回しに伝えてみようとしたことはある。
~~今思えば、勝手に認知症扱いしてオヤジには悪かったと思う。~~

それを言ったら、モラ母はギロッと怖い顔で僕を睨んできて、
『・・・アンタぁ、余計なこと言いんさんなあ(冷)・・・』という返事が。

いやいや、「酷いこと言うな!」と怒られるならわかるんだけど、「余計なこと」って・・・

~~僕はオフクロにとって「余計なこと=都合の悪いこと」的なニュアンスを感じた。認知症か否かは、重要だと思うんだけど・・・父は亡くなる最後まで「認知症」と診断されたことはないはずだし、僕も最後まで認知症にはなってなかったんじゃないかと思うけど(むしろ自分の置かれてる状況を明確に把握してた気さえする。認知症にも段階やレベルはあるけどさ。)・・・モラ母の虐待でいつ認知症になってもおかしくない状況だったと思う。~~


結局この時、モラ母に父の目について明確なことは一度も言えないままに終わった・・
~~(父の眼差しについて初めてモラ母に何かしら言えたのは、今からちょうど3年前の「墓参り」の時だった。)~~

続きを読む

5
(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれません。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

~~~~~~~
  (続き)

その場でモラ母の父に対するスパルタ・リハビリを見ていた僕は、堪り兼ねて何度も物申したことはある。

『いや、痛いと思う。』・『いや!絶対痛いって!』・『「痛い」って言いよるじゃん!』・『どうしてそんな自分のタイミングだけで(オヤジを)歩かそうとするん?』・『もうちょいオヤジが呼吸整うの待てって!』など。

その度にことごとくモラ母にはねかえされたけど。

『大して手伝わん者がとやかく言う資格はない(怒)!』・『アンタは帰って来とっちゃあいけん人間なんよねえ(怒)!そのアンタに何か言う資格はないんよねえ(怒)!』など。

いや、たしかにそこだけ聞けばスジは通ってるけどさ・・・「介護を大して手伝わずに口だけ出す家族・親戚が介護者は一番腹が立つ」とは言うけどさ・・・

「オヤジの眼は死にたがっている」と僕は思ってるわけで。「オフクロのスパルタ・リハビリはやり過ぎ」だと僕は思ってるわけで。

~~~~~~~

当然、話の流れ的に、

モラ母:『じゃあアンタがやってみんさいや(怒)!』となる。

僕:『ああ、やるわああやあ!』と交代する。

僕がやりだすと、『やっぱりアンタには任せられんわ!』とすぐに横から手を出してくるモラ母。自分の得意分野では全てを管理しようとする毒親ですからね・・・

僕:『ええけえ!とりあえず最後までやらしてや!要領掴めばやれるって!オレの方がオフクロより体は大きいんじゃけえ何とかなるって!』などと言っても、ムキになって無理やり割り込んできてオヤジを持っていこうとするモラ母。

~~(こうなると「おにぎり」や「味噌汁」の件と同じく、モラ母は絶対に自分を押し通そうとする。)~~

その6 「おむすび」が食べれない~中学時代1~ から「その8 ・・・」まで
その192 そして、お袋の味を喪失しました。 +「その191 ・・・」

続きを読む

3
(※人によってはフラバを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれません。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

前々回の記事からの続きです。

~~~~~~~
  (続き)

モラ母にリハビリで振り回されている様に見えた父の眼は・・・僕には死にたがっている様に見えた。

いつも涙目で半泣き状態、さらに「虚ろ」と言うか・・・生きる希望を失って絶望している人の眼に見えた(僕の主観)。~~(その後、父は今から2年前に末期ガンで亡くなるまで基本的にはずっと涙目だったけど、この約10年前の初夏の頃ほど、「オヤジが絶望的な眼をしてる」と僕は感じたことはない。この頃の父の眼が一番やばかったと思う。)~~

そもそも、僕は父が倒れた時点で、『これからオヤジはずっとオフクロの奴隷かも・・・このまま死んだ方が幸せかも・・・』などと考えた男。。手術後の意識が無い中で、父の頬をつたった涙の痕も『絶望の涙』と考えた男だ。。

その254 月だけが見てた~大学時代30~
その255 父が倒れた時のこと~大学時代31~

その思考の延長線上で捉えると、倒れた時点で父は既に絶望していたかもしれないのに、リハビリでこんなにも「自分を貶めてくる存在」に振り回されたら、「もっと死にたくなるだろう、もっと絶望するだろう・・・」と僕なら考える。

~~(そして、この約10年前の時点から数年後、実家を脱獄してからの僕は、「オフクロに関わったら死にたくなる!絶対に近付くべきではない!」と強く思っていた。どれだけ寝込もうと、インフルエンザになろうと、「絶対にオフクロには連絡しない!連絡したらもっと状態が酷くなる!もし死ぬならこのまま死んだ方がよい!」と誓っていた。「たとえ交通事故などで入院することになっても、絶対にオフクロには連絡しない!もっと状況が悪くなる!病院のメシもオフクロの顔を見たら吐いてしまう!お見舞いなんかに来られたら、全てが台無しになってしまう!」などともよく考えていた。そう考えたのは僕自身がモラ母に酷いモラハラ・虐待を受けたから、オヤジがモラ妻にリハビリ・介護と称した虐待を受けていたのを見たから・・・)~~

続きを読む

↑このページのトップヘ