5
~~~~~~~


『2011年春、記す』

モラル・ハラスメント=モラハラとは、

直訳するだけなら、「moral harassment=モラルに反する(精神的な)嫌がらせ」という意味になります。

類義語として、「精神的(心理的)暴力・精神的虐待・精神的DV・心的暴力」などの言葉もあります。


誰かにモラハラを理解してもらおうと試みる時に

「家庭内のいじめ」

と説明する、という方もいらっしゃいます。
(※↓「家庭内いじめ」参考ブログ)
モラルハラスメント・ブログ
http://blog.goo.ne.jp/machimachi_2005


~~~~~~~

(↓以下、モラル・ハラスメントという言葉の生みの親であるイルゴイエンヌ医師の著書「モラル・ハラスメント~人を傷つけずにはいられない~」を参考に引用・補足。)


モラハラは言葉や態度によって、長期的かつ継続的に、巧妙に人の心を傷付ける精神的暴力です。家庭や職場、学校で日常的に行われる、この「見えない暴力」は、相手の精神状態をしだいに不安定なものにし、ひどい場合は自殺に追い込むと言います。

~~(僕も母に酷いモラハラを受けていた20代前半には、酷いウツ状態になりましたし、「死にたい」と何度か思いました。「母がいるから死にたい」とさえ思いました。酷いモラハラを受け続けて精神疾患を発症し、社会的入院状態になったまま精神病棟から出られない人もたくさんいる、と僕は思います。)~~


ハラッサー=モラハラ加害者は、標的にした人物(配偶者・恋人・子供・部下など)に対して皮肉や嫌み・当てこすりを言い続けたり、溜め息や舌打ち・無言の圧力をかけ続けたり、見る度に顔をそむけ、無視したり(ネグレクト)、酷い暴言で罵ったりして、徐々に被害者の心を破壊していきます。

家庭内などの密室では、肉体的暴力や性的虐待とモラハラがセットで行なわれることもあります。


被害者は抵抗できないままに、虐待されていると気付かないままに追い詰められていって(マインドコントロールされて)、自己を喪失していきます。「自分の方が悪い」と加害者に思い込まされて、罪悪感に苦しみ続けます。


被害者は相手にわかってもらおうとして一生懸命説明したり、自分に対する怒りを解こうと思って相手に尽くしたりもしますが、状況はますます悪くなるばかりです。ハラッサーは問題解決のための話し合いは必ず拒否します。真剣な話をはぐらかし、逆ギレしたり、一見正しそうな自己正当化で被害者を責めたり(実は間違ってる)、被害者の考え方を嘲弄したり、精神病扱いしたりして(「オマエは頭がおかしい」発言など)、被害者をますます自分の支配下に置こうとします。

(※参考・引用文献:モラル・ハラスメント~人を傷つけずにはいられない~
著者 マリー=フランス・イルゴイエンヌ
訳者 高野優
発行 紀伊國屋書店)

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
マリー=フランス イルゴイエンヌ
紀伊國屋書店
1999-12




~~~~~~~

(※2013/01/19追記:当初はここに幾つか代表的なモラハラの共通決まり文句・事例などを書く予定でしたが、企画倒れのままです。)
( ̄▽ ̄;)

~~~~~~~




~~~~~~~


追記:モラハラは身体的DVとセットで行われる場合も多いですが、経済的DVや飲食的DVを伴う場合も多いと思います。

飲食的DV・暴力・虐待


モラハラ加害者の攻撃方法の1つ、矛盾した2つの命令を悪用して被害者をコントロールする「ダブルバインド(二重拘束)」については、ウチの母親も多用していました。

~~~~~~~

「追記」

「母が執行していた自殺教唆的連日連呼モラハラ」

執拗に連日続けられたモラハラ連呼~どんなに泣き叫んでも、冷酷に耽々と~他周辺記事


「モラハラ被害者である父の最期」

父の最期の言葉は『バカ』だった
父の最期

~~~~~~~

~~~~~~~


(↓よろしければ、アンケート調査にご協力お願いします。結果も見れます。)
モラハラ・アンケート調査/結果





(↓当ブログを応援して下さる方は、クリックして下さると私の励みになります。いつも読んで下さってありがとうございます。)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ

毒親 ブログランキングへ

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。