(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれません。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。おまけに今回は長文です。)

  (続き)

病院帰りの車中で、毒母の口から父の担当医師と一悶着あったことを聞いた数日後のこと。

僕と毒母は担当医師に呼ばれて、父の現状やこれからの治療・リハビリ方針などについて説明を受けた。

この時の僕はかなりウツが酷く、頭がかなり重い状態だった。医師が説明している最中もずっと意識にモヤがかかった様な状態で、集中力散漫だった。座って話を聞いてるだけでもしんどい感じだった。目も虚ろだったかもしれない。


医師の話で覚えているのは途中からで、父のリハビリ方針の話だけ・・・

話の流れの中で、

毒母:『前の病院では、(旦那は)もっと歩いたり、他のリハビリもやってくれてたから、リハビリのメニューを変えてもっとやらせて欲しいんですよ。』という主旨のことを言い出した。

~~(前の病院=父が単身赴任中に脳梗塞で倒れた後、最初に搬送された病院。それから約2~3カ月後にこの地元の病院に転院した。毒母は僕にも「前の病院ではもっと色々リハビリをやってくれていた(=この病院のメニューでは足りないから、独自にやらせる)」と何度もグチっていた。僕は「本当に前の病院ではそんなにやってたのか?」と半信半疑だった。)~~

ドクター:『奥さん、それはウチの療法士が判断しますので。前の病院では、ご主人にもっとリハビリをさせてたかもしれませんが、ウチの療法士は今のメニューが適切と判断してるわけなんですよ。ご主人の運動能力がもっと回復したら、その時にそれは考えましょう。』

大体その様なことを医者は言った。

毒母:『でも~前の病院ではもっとやってたからあ・・・リハビリは早くやらないと回復しにくくなるって言うしい・・・』

ドクター:『奥さん、お気持ちはわかりますけどね。でも、ウチの療法士はご主人がまだそこまでの状態に回復していないという判断なんですよ。ご理解下さい。』

毒母:『でも~前の病院ではもっとやってたからあ・・・』

ドクター:『奥さん、前の病院ではやってたかもしれませんけどね、ウチの療法士は実際にご主人を見て、今のメニューが適切と判断してるんですよ。ウチにはウチの方針がありますので、申し訳ないですけどそこはご理解下さい。ご主人の回復具合が良い様でしたら、またその時に考えますので。』

~~(担当医師は別に高圧的・横柄でもなく、むしろ物腰も丁寧で患者・家族の話を聞いてくれる良い先生の様に僕には感じられた。毒母の話も途中で打ち切ったりせず、きちんと受け答えしてくれてることからもそれはうかがえた。その上で病院・療法士の方針も述べて理解を求めてたし、「申し訳ないですけど」とも言ってくれていた。)~~

毒母:『でも~前の病院ではもっとやってたからあ・・・』

~~(以前聞いた覚えのある毒母のリピートが始まっていた。この毒母の口調・態度も特に横柄というわけではない。交渉に慣れていない者が医者にすがる様な話し方をベースに、子供がはぶてた物言いをする様な感じが少し混じっている、という様な印象)~~

ドクター:『・・・いや、あのですね、奥さん!今申し上げた様に、ウチの療法士はご主人に今以上のリハビリはまだ早いと判断してるわけなんですよ。私もご主人を診させていただいてますが、療法士の判断は適切だと思ってるんですね!奥さん!奥さんのお気持ちもわかりますけど、申し訳ないですが!そこはどうかご理解下さい!』

僕はモヤのかかった様な重い頭ながらも、医師の話を『良いこと言うなあ・・・』と思った。僕は『今の父の精神状態では、過度のリハビリは酷』と思っていたし、医師・療法士の方針・やり方に賛同する気持ちだった。この医師も『自殺』という言葉を使ったわけだし、「今の父には酷」という僕の考えに近かったんじゃないかと僕は思っている。

~~(担当医は多少強調した言い方で、丁寧にこちらの理解を求めたと思う。自身も「療法士の判断は適切だと思う」という見解も添えて。話をあまり聞いてくれずに打ち切る医者も多いなか(僕のイメージ)、この医師はかなり誠実な対応をしてくれてたと思う。)~~

~~(ちなみにこの病院は地元のスポーツ選手で通う人もいるスポーツ・リハビリ科もあり、設備・環境などが整った評判の良い病院)~~


毒母:『でも~前の病院ではもっとやってたからあ・・・』

~~(一字一句変えないリピート、口調も変わらず。医者の話を聞いているのかいないのか、ワザと無視しているのか、僕の様にウツな感じで頭に医者の話が入っていないのか・・・担当医からすれば、すごく感じが悪かっただろう。)~~

ドクター:『・・・いや、あのですね!奥さん!今申し上げた様に!ウチではこれ以上できないんですよ(イラッ)!申し訳ないですけども!そこはどうかご理解下さい!!』

医師のボルテージが上がってきた・・・それと共に僕の頭にかかっていたモヤの様なものも晴れていく・・・

毒母:『でも~前の病院ではもっとやってたからあ・・・』

全くトーンも口調も変わらず、同じセリフをリピートする毒母・・・話の角度・切り口さえ変えようとはしてなかった。

(ex.「ウチの主人はもっと動けると思うんですよ!前の病院ではもっと動けてたんです!先生、一度療法士の方に頼んでもらえませんかねえ!」とか何とかダメ元で言ってみればいいのに、そんなに言いたいのなら・・・僕が言っても良かったのか・・・まあ、僕は父のリハビリ方針についてモラ母と対立してたんだが。病院側に賛同してたんだが。)

ドクター:『・・・ですからねえ!奥さん!!何度言われても、ウチではこれ以上できないんです(イラッ)!!そこは本当に申し訳ないですけども!ご理解していただくしかないんですよ!!』

医師のボルテージが更に上がった。僕の頭もますますクリアになってきた。
~~(これで僕の頭がクリアになってきたということは、僕のウツ状態もこの時はまだ底ではなかったのだろう。後にこういう怒りさえも響かない底の状態を体験したから。)~~

毒母:『でも~前の病院ではもっとやってたからあ・・・』

~~(お世話になってる担当医師にそこまで言わせても、全くブレない安定の毒母wwなんか書いてて笑えてきたww)~~

ドクター:『!!だからウチではできないって言ってるでしょうがああ(怒)!!!』

~~(医師の怒声が診察室に鳴り響いた。僕は圧倒された。頭は一時的に完全に覚めたと思う。)~~

毒母:『でも~前の病院ではもっと・・・』

僕はそれでもブレないモラ母のセリフを瞬間的に遮って話し出した。椅子から半ば立って、医者とモラ母の間に手を入れる様にして。

僕(初登場):『いやあ!オフクロ、もういいじゃん(汗)!先生の言うことももっともだと思うよ(汗)!しょうがないじゃんか!先生がこう言っとるんじゃけえさあ(汗)!もう諦めようやああ!・・・先生!申し訳ありませんでした!それで・・・その方針で大丈夫ですので(汗)!』

僕がここで割って入って、医師に頭を下げて話をまとめた。

担当医はまだ機嫌が悪そうだったけど、努めて冷静に話を締めて終了した。


僕は、『これかああ・・・』と思った。

数日前に、モラ母が医師に怒鳴られた時のやり取りの様子が想像できた。

『このリピート攻撃でオフクロは医者をキレさせて怒鳴られたのかあ・・・そりゃあ怒鳴られるわあ・・』と。



帰りの車の中で、モラ母は運転をしながらまたもやイライラと連呼していた。

『・・・あの医者は嫌味じゃ(怒)!・・・あの医者は嫌味じゃ(怒)!』と。

僕はまた無言だった。また何も言えなかった。

僕は『・・・こんなにイライラしながら運転してて大丈夫か?下手したら事故るんじゃ・・・』と終始不安だった。

この2回に及ぶモラ母の「車中イライラ連呼」を受けて、僕はようやく運転を変わる決意を固めた。

  (続く)


(↓当ブログを応援して下さる方は、クリックして下さると励みになります。いつも読んで下さってありがとうございます。)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ