今現在だから思うことだけど、約10年前のあの時、『父が夜中に病室のベッドを抜け出してどこかへ行こうとしていた』あの時期、僕はあちこちに相談しまくれば良かったのだと思う。相談しまくることができれば良かったのに、と思う。

まずは姉に。
疎遠だったけど親戚に。
モラ母を飛び越えて担当医師や病院スタッフにだって。

当時ウツめいてた僕に、夜中に実家マンションの屋上で奇行を繰り返していた僕に、あの問題を1人で解決できるはずもなかった。1人で抱え込む必要なんて全くなかった(ということに今さら気付いた)。

モラ母が全くとり合ってくれないなら、どんなに自分の主観だろうと、「1人で持ち切れない重み」を持ってもらおうと行動すれば良かった。

・『オヤジの目つきがおかしい。あの目は絶望して死にたがっていると思う。』
・『そんな状態のオヤジに、オフクロのあのスパルタ・リハビリは下手したら背中を押すと思う。』

と、主観だろうが、迷惑かけようが、とり合ってもらえなかろうが、「オマエの方が間違ってる・考え過ぎ」などと僕が言われようが、ガンガン相談すれば良かった。実際の父を見てもらえばよかった。そのうちに、何か対策めいたものを誰かが教えてくれたかもしれないのに。

1人で答えを見つけようとする必要なんてなかったのだ。僕が答えを見つける必要すらなかった。誰か他の人でも良かった。1人で抱え込むから、答えを見つけようとするから、間違うし、行動が偏って過激になる。良くも悪くも人を巻き込むべきだった。
~~(これは多分、僕・姉・父・母の全員に言えるんだと思う。あの機能不全家族では、バラバラに動くのが普通だったけど。)~~

あの時、オヤジが死ななかったのは結果論に過ぎないのかもしれない。最悪の事態もありえた。あの時は本当に緊急事態だったんじゃないだろうか・・・

でも、あの時、僕には父の緊急性を『誰かに相談するという発想』が一度も頭に思い浮かばなかった。


~~(10年前の当時から今現在まで、僕は父の担当医師の口から出た事実・言葉を姉には伝えていない。今日まで誰にも言っていない。今回、当ブログに書いたのが始めて。『オフクロが医者をキレさせた』とは、3年前に父の末期ガンが発覚した時の家族会議の流れで姉に言ったけど、詳細までは言わなかった。)~~

~~~~~~~
担当医師・病院スタッフにだって、こちらから相談しても良かったのだ。医師から「オヤジ脱走?未遂?」の事実を聞いた後も、対策はこちらからお願いするべきことだったと思う。『夜中に父を気をつけて見ていて欲しい』と。『ベッドの柵の固定も是非お願いします。ご迷惑おかけします。』と。

モラ母を飛び越えて、僕が自分の思う様に行動するべきだった。母に本来話は通すべきだけど、全くとり合ってもらえないのだから。


無意識にモラ母が「家族の窓口」の様な気がしていた。僕は受身過ぎた。主体性が無かった。それはモラ母に管理され過ぎてた、モラ母の望むことを先回りしようとしてた、長年培われた奴隷体質の影響だったけど、あの時は本当に切迫した状況だったんじゃないだろうか・・・

僕とモラ母が揃って担当医師の説明を聞いた時も、モラ母じゃなくて僕が医師との話のイニシアティブを取っても良かったのだ。その当時僕は20代前半・・・同じ年齢で、する人はするだろう。10代でそれをする状況を迎える人もいるだろう。モラ母は短期間に二度も医師をキレさせる様な状態だったわけだし。

~~(そう言えば、3年前の父の末期ガンのセカンドオピニオンの時は、姉がイニシアティブを取って動いてくれた。思えば、その時の姉の主体的な行動で学んだのかもしれない、「自ら動く」発想を。)~~

その145 姉に当ブログのURLを教えて良かった!

~~(相談すれば「学び・成長がある」という意味でも、緊急性を考えても、やっぱりあの時あちこち相談するべきだった!なのに、モラ母は(精神的問題を含む)相談をなぶって潰すんです(怒)!幼少時よりナチュラルに相談させない雰囲気を醸し出してるんです!僕の中に「相談」という概念が育ってなかったんです!そして、何も言わなくなったり、声すら出にくくなったりしたら、そのことでモラ母に難癖つけられるんです(怒)!オヤジも「アイツは自分の意見がなくてかわいそう・・・」などと悪し様に言われてたんです。オマエが意見言わせない様に仕向けてたんだっつーの!オヤジの『失語症』の主原因はモラ母です(怒)!実際、僕もモラ母の前でどんどん声出すのすら怖くなっていったし、姉の話だって奪って自分がしゃべるし!絶対に因果関係はある!)~~

~~~~~~~
僕はモラ母に自分の頭脳を預け過ぎていた。ウツ状態も酷かったけど、自身のゆがんだ認知の「役回り」を演じていたことに当時は全く気付いてなかった。

もしそれらの「周囲を巻き込む」行動をしていたら、モラ母はキレまくって僕が「恨み」を買いまくる事態になってたと思うけど・・・モラ母から酷いモラハラ攻撃をされまくる事態になってたと思うけど・・・(モラ母がウツなどになった可能性もあるのかな)・・・

それでも、あの時最優先すべきは『オヤジの気持ちを和らげること』・『オヤジが良からぬ行動をしない様に物理的な対策をとること』・『その問題をなるべく多くの人間で共有すること』などだったと今は思う。

モラ母の『大して介護を手伝わん者が・・・(怒)』というセリフは正論だけど、あの時は「父への対処」が最優先だったと思う。

病院サイドが対策をとってくれて、本当に良かった。

  (続く)


(↓当ブログを応援して下さる方は、クリックして下さると励みになります。いつも読んで下さってありがとうございます。)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ