モラ母が父の担当医師に、『奥さん!旦那さんに自殺されたいんですか(怒)!』と怒鳴られて以降、結局ベッドの取り外せる部分の柵を紐で固定することになった。

僕もモラ母も帰り間際に、紐を結んで柵が取れない様にして帰るようになった。

モラ母も率先して結ぶ様になったし、僕にも結ぶ様に言ってきたから、医師に怒鳴られて思うことはあったのだろう。その対策をとる様になってから、そのことについての不平・愚痴は一度も聞いた覚えがない。

医師から「夜中に父がどこかへ行こうとする」事実と「お叱り」を受けて気付いたのか、その前から父を見て何か感じてはいたのか・・・

10年前当時も今も、担当医師・病院スタッフの方には本当に感謝しかない。僕は物理的に対策をとることなんて、全く思いついていなかったから。


(↓当ブログを応援して下さる方は、クリックして下さると励みになります。いつも読んで下さってありがとうございます。)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ