また書きやすい脱線記事から書きます。

~~~~~~~

今から3年ほど前に、『モラ母はだってちゃん&かまってちゃん!』という記事シリーズを書いたことがある。

その後、父の末期ガンが発覚し、約半年後に父は亡くなったわけだけど、その関係で2年前の今頃くらいまで僕は実家に頻繁に顔を出していた(今は皆無)。

その実家に顔を出していた頃に、「『母』は家族じゃなくても『だって』を連発するんだ」と気付いた話です。

~~~~~~~

実家に割とよく出入りする近所のおばちゃんがいる。「母」と仲が良く、僕が10代初めの頃には既に割と来てた人だ。

2~3年ほど前に僕が実家に割と頻繁に顔を出していた頃にも、よく見かけたおばちゃん。

2~3年ほど前のある日、実家に顔を出していたら、そのおばちゃんがやって来て母とお茶をし始めたのだが・・・

そのおばちゃんに対しても、「母」は姉やその旦那さんに接する時と同じ様に『だって』を何度も連発していた。おばちゃんの話の腰を何度も折って話を奪い、自分ばかり『だって!・・・だって!』と楽しそうに話しまくっていた。

おばちゃんが話し始めてる話を取られて言いよどんでる様子が伝わってきた。

・・・そりゃあ「おしゃべりでストレス解消できるならいくらでも是非して下さい」って感じなんですが・・・


その時に僕は思った。

『この2人の関係性って昔からこうだったっけ?オフクロばかり一方的に話す関係だったんだっけ?』

2人がおしゃべりしてる場面は子供の時から何度も見てきたはずだけど、当時の僕にはそれを観察する視点はなかった。元からなのか、近年に始まった関係性の形なのかはわからなかった。

僕の中では、母(60代)が「だって」を連発して話を奪っていく傾向があることに気付いたのは3年前だけど、姉の話では僕が実家を脱獄した10年前には既に見られた「いつもの母」の傾向の様子。

子供の頃は母が「だって」を連発するイメージなんてなかったんだけどなあ・・・老化現象でもあるのか?近所のおばちゃんに対してはいつから「だって」を連発してたんだろう・・・



その78 モラ母はだってちゃん!1
その79 モラ母はだってちゃん!2
その80 モラ母はだってちゃん!3


(↓当ブログを応援して下さる方は、クリックして下さると励みになります。いつも読んで下さってありがとうございます。)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ

毒親 ブログランキングへ