もしかしたら誤解があるかもしれないけど、約10年前に母が父を連呼モラハラで連日嬲り回していた時、

僕は母に『父を施設に入れるな。自宅で面倒を見ろ。』などということは一切言ってません。


僕は「父が自宅介護になるか・ならないか」・「入所できる施設があるか・ないか」に関わらず、

ただ単に「父の帰宅願望をなかったことにして、嬲り回すのだけはやめてくれ」という主旨のことを母に言いたかっただけです。

母の連呼モラハラを切り口にした嬲り回しがあまりにも聞くに堪えなかったので、物申しただけです。



そもそも、「入所できる施設があれば父を預ける」という母の方針に、僕は最初から一切反対してなかった。

現実に母がメインで父の介護(虐待混み)をしていたし、自宅介護になれば更に母の負担が増すことは僕もわかっていたし、どこで就職するかも定まってなかった僕が介護のやり方はともかく、自宅介護を主張するなんてことは一切なかった(新卒就職できなかったけど、この時点ではまだ一応諦めてはなかった)。

自宅介護で人の目が少なくなれば、母の父への攻撃はますます酷くなる予感はあったし、「施設の方がオヤジもオフクロに攻撃されなくて済みそう。オヤジ自身がオフクロの攻撃を避けたくて、施設に入りたがるかも」とも思ってたから、むしろ僕は施設入所には賛成だった(父は家に帰りたかったことがわかったけど)。

正直、自分の就職場所などに影響することも含めて、入所に賛成だった。

現実には、その時点で入所は無理そうだったし、実際できなくて父は自宅介護になったけど、その後何年も経ってから施設入所の流れになったとしても、僕は反対しなかったはず。



母が父に初めて連呼モラハラを執行する直前に、僕は父に確かに「家に帰れる」っぽいことは言ったけど、

それはその時点で「もう施設入所は無理そう」という話に僕と母の間でなってたからだし、自殺しかかってた(と僕は思ってる、実際担当医師がそれを示唆する発言をしている)父が自分から口にした「帰宅願望=生きる希望」だと思ったから、僕は励まそうとした。父のその気持ちを大事に育てようと思った。

「僕が勝手に帰れるっぽいこと言った」のが気に入らないなら、僕に「勝手なこと言うな。まだ決まってないのに」などと怒ればいいだけの話。

母が父の帰宅願望をわからないフリして、嬲り回していい理由なんてどこにもなかった。



(長文だし)、摘み食い読み・ななめ読みなどをしたら、僕が「自宅介護・強要派」に見えるかもしれないし、そこは否定しときたかった。


・・・何か、母の脳内では「息子が大して手伝いもしないくせに、自宅介護を強要してきた。働き出したらどうせ家にいないくせに、重度の要介護者の自宅介護は大変なのに、『施設入所はかわいそう。自宅で面倒見ろ』と言ってきた」などの脳内自己正当化を起こしてた様な気がしないでもない。
(; ̄Д ̄)

僕はこの時の惨状を「周囲の人に相談すればよかった」と今現在後悔してるけど、仮に当時僕が相談してたら、母はその様な脳内自己正当化を周囲の人に吹聴して自分の身を守ろうとし、僕を悪者に祭り上げようとしたパターンもあったかも・・・

案外、姉貴辺りには既に当時言ってたのかもしれんなあ・・・

~~(今となっては母の様なタイプの人間が、どういう手で自己正当化しようとするかはある程度パターンが読める。この場合は、「僕=介護を大して手伝わない息子→なのに自宅介護を強要する息子」にでっちあげるのが一番味方を集められるだろう。まあ、こっちが予想もしない様な、ななめ上の冤罪も被せてくるのがモラでもあるが。)~~


「大して(介護の)手伝いもしない」というレッテルを貼られるのは別にいい。

僕の言い分はあるけど、一面的には事実だから。

でも、「自宅介護を強要してきた」などという誤解・嘘が仮にもし出てきたら、全力で否定する。

そういうものに、私はなりたい。



(↓当ブログを応援して下さる方は、下記をクリックして下さるとポイントが入ってランキング順位に反映されるので、僕の励みになります。いつも読んで下さってありがとうございます。)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ

毒親 ブログランキングへ