モラルハラスメント脱獄記-モラ母(毒親・毒母)の精神的暴力=DVからプリズンブレイク-

最新更新日:2016/08/29~~記事総数:約400記事(※現在、9割の記事を限定公開設定か、アップ取り止めにしています。)~~モラ母から精神的虐待され続けた、僕とオヤジ、ときどき姉の備忘録&克服記!!&僕が『悲しみ・怒り・憎しみ』などの負の感情に振り回されながらも、それを浄化・克服していく過程を綴った成長記にしたいです。 ~~※当ブログ発足(2010年12月)後の2012年春に、父は末期がんで他界しました。~~※現在、コメント・トラックバックは受付停止してます。~~※記事には星印☆0~5個までの6段階区分けがあります。「読んでいただけたらな」と思う記事ほど星☆が多いです。その分、被害体験などがある心身不調の方々が、調子を崩したり、フラッシュバックなどを起こす可能性が高くなる記事も混じってるかもしれません。※現在、限定公開とアップを取り止めた記事ばかりになっています(全体の9割)。※よろしければ、モラハラ・アンケート調査にご協力下さい。結果も見れます。

Category: オヤジ編

5
(※約10年前の最後の『夏の毒』を書いた記事です。人によっては体調・精神状態を崩したり、モラハラ・DV被害のフラッシュ・バック等が起こる様な記事かもしれません。)


~~~~~~~

人間にとって最も残酷なことの1つは、「故郷や家に帰りたい感情まで奪うこと、自らその感情を葬る様に仕向けること」だと僕は思う。


現実に「帰れる・帰れない」・「帰らせる・帰らせない」かは問題じゃない。

父の帰宅願望という精神的な拠り所まで嬲り回して、それを自ら捨てる様な発言をさせる様に仕向けた母・・・



長年妻から虐待され続け、息子も妻側の味方、自分の家なのに居場所はなし、何度も精神病院の短期入院を繰り返し、それでも家族のために働き続けてくれた父、

それなのに、定年間際に脳梗塞で倒れて半身不随、妻には酷いスパルタリハビリ・介護を受け、担当医師が「自殺」という言葉を口にする様な行動まで起こしていた父、

家に戻っても妻からどういう扱いを受けるかはわかっていただろうに、それでも帰宅願望を口にした父、

死にたがっている様な絶望した目をしていた時期を越え、帰宅願望(希望)を口にした父、

それなのに・・・



半身不随・失語症もあって上手くしゃべれない中で、

・『よひっ!!はえおう!!「=よしっ!(家に)帰ろう!!」』

・『ウン!かえいはい!=(ウン!帰りたい!)』

と何度も何度も言った父、

何度言わされても「(私はバカだから)わからない」ことにされて、聞き取りにくいのを悪用されて、何度も嬲り回された父・・・



郷愁や「故郷・家に帰りたい」という感情は、年齢が重なるほどに強くなっていくものだと僕は思っている。

今現在30代の僕でさえそうだ。毎年桜に乗せる想いは強まってるし、この先もっとそういう感情は強くなっていくんだろう。


倒れた当時、50代後半だった父・・・あの時口にした帰宅願望に一体どれだけの想いが乗っかっていたんだろうか・・・


なのに、それを何度も嬲り回された父、

自ら帰宅願望を捨てるかの様な発言をさせられた父・・・


僕が一時的に大学から実家に戻った帰宅願望の重さとは比較にならない父の想い。


続きを読む

5
※この記事は限定公開記事に設定しました。


(↓当ブログを応援して下さる方は、クリックして下さると励みになります。いつも読んで下さってありがとうございます。)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ続きを読む

4
(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれないのでご注意下さい。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

~~~~~~~

今から2年半前に父の末期ガンが発覚して以降、僕は頻繁に実家に顔を出した。

告知はしてなかったので、父が死期を悟っていたのかはわからないけど(悟っていたと思うが)、僕が実家にいた頃よりもずっと、父は『ぱか』・『バカ』と『ぱか』の中間を連発していた。

失語症で言葉が上手く出てこないなかで、どんな会話でも、何を訊いても脈絡なく一言目には『ぱ、ぱか!』、二言目にも『ぱか♪』と植え付けられたバカを吐き出すことが多かった父。

父が『ぱか』・『バカ』と言う度に、モラ母は『バカ好きなんじゃけえ(笑)♪』の他にも、『あ~天才♪天才♪』などと(僕から見れば)ふざけたことをいつしか返すようになっていた。

~~(僕には実家脱獄以降の約6年間の父と母のやり取りがどうだったかは、全く見てないからわからない。でも、僕の予想ではモラ母が父に対して『天才』などと言い始めたのは、父の末期ガンが発覚して以降のことだと思っている。心のどこかでは父に『バカ』を植え付けたことをわかっているモラ母は、父の死期が近いことから罪悪感に囚われて、植え付けた『バカ』を中和しようと『天才』と言い始めたと僕は思っている。末期ガンが発覚して以降、モラ母は『じゃあ優しくしてやろう』と「してやろう」宣言をしていたし。)~~


僕はモラ母の父に対する『バカ好き』・『天才』発言を聞く度に、腸が煮えくり返るぐらいの怒りを覚えた。

『・・・こんなに人を「バカ」にした話はない(怒)!』と。


続きを読む

4
(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれないのでご注意下さい。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

~~~~~~~

2年半前に父の末期ガンが発覚して以降、父はモラ嫁に長年植え付けられた『バカ』という言葉をたくさん吐き出していたけど・・・死が近付いてきた段階で初めて吐き出し始めたわけではない。

十数年前に脳梗塞で倒れて要介護になって以降、多少は『バカ』をモラ妻に打ち返していた父だった。僕が実家を脱獄してからの約6年間はどうだったかはわからないけど。

~~(末期ガンが発覚して以降の父は、僕が実家にいた頃の何倍も『バカ』を吐き出していた。死が近付くにつれて、それが加速していった。まるで寿命が尽きるまでに、妻から無理やり植え付けられた数え切れない『バカ』の重荷を少しでも軽くしたいかの様に・・・)~~

~~~~~~~

十数年前に父が倒れて介護が始まった頃、モラ母のタイミングで強引にリハビリをさせられていた父は、『痛い!痛い!』・『待って!待って!』とモラ母によく訴えていた。もちろんモラ母は取り合わなかったけど。

その時に、父は『待って!バカ!』などと『バカ』が口からでることもあった。

~~(この「バカ」に相手をバカにする意はないと思う。思わず出る非難の意のバカだと思う。)~~

そしたら、鬼嫁は『何ぃ(怒)!バカあ?バカって言うな(怒)!』と過剰に怒り始めるのが常だった。

『バカって言うな(怒)!バカって言うなあ(怒)!!バカって言うなああ(怒)!!!』と3回まくし立てることもあった。

~~(おそらくこの時のモラ母の脳内は、過去に生育環境で『バカ』と罵られた頃に戻ってたのだろう。夫にバカをなすりつけていたけど、母が本当にバカを打ち返したいのは親や兄弟だと思う。)~~

『アンタがバカなんよねえ(怒)!アンタがバカなんよねええ(怒)!!アンタがバカなんよねえええ(怒)!!!』

などと父の思わず出た小さな『バカ』に過剰反応し、『倍返し』どころか何十倍返しにもして父に『バカ』をなすりつけていた。それを受けて、父はよくボロボロ泣いて、ヒックヒックとかるくひき付けを起こしていた。


~~(※別パターンで父が『クソ~』と思わず言って、モラ母が『何ぃ!クソ?』と過剰反応を起こし、『クソッて言うな×3!』とまくし立てることも多かった。こちらの『クソ』パターンの方が何倍も多かった。)~~

続きを読む

3
(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれないのでご注意下さい。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

~~~~~~~

十数年前に父が脳梗塞で倒れて要介護認定5になって以降、モラ母は機嫌が悪い時に何度も父に『バカ』と罵った。

・『いいっ?アンタはバカなんよねえ(怒)!』

・『いいっ?アンタはバカなんよねえ(怒)!バカなんよねええ(怒)!!バカなんよねえええ(怒)!!!』

3回連呼することも多かった。

幼児を叱る時の仕草の如く、鬼嫁が父の両手を握って強く揺らしながら、そのモラハラ暴言を父の顔の前でがなり立てることも多かった。その時の母の顔は傍から見ていたら、怒りの顔にも見えたし、泣いてる顔の様にも僕には見えた。

~~(この憎しみの顔を真正面かつ至近距離でされながら、「言われたくない」暴言を吐かれた時のダメージ、その後の後遺症を僕はよく知っている。)~~

父が母にこの様な暴言を吐かれてるのを傍から見ただけでも、僕は呼吸が乱れたり、心臓付近が強く締め付けられる様に痛くなったり、立ってられなくなったりした。


モラ母は『私はバカだから・・・』が口癖だったし、『どうせ私はバカじゃけえねえ(怒)!』という壊滅的な逃げ口上のセリフを多様して、家族内でいつも自分に都合の良い状況をつくるのが上手かった。逃げ口上で相手に何も言わせないようにしていた。

常に自分が被害者となるゲームを周囲に仕掛け、『負の選民意識』を操り、被害者の立場から近しい人間を貶めて自分に有利な状況を保つのが上手かった。

下手(したて)に出てる様に見せかけて、いつも強気で上から目線だった、後から思えば。僻み根性が丸出しだった。

父と結婚して実家を出るまでは、モラ母はよく親や兄弟から『オマエはバカだ』とバカにされたらしい。僕や姉によくそう愚痴っていた。僕や姉は母の一方的な愚痴の聞き役に無理やり任命されていたから。

実家で植え付けられた『バカ』を父になすりつけて自分が楽になろうとするかの様に、自分より下の『バカ』を無理やり作り上げるかの様に、モラ母は父に対して長年『バカ』と罵り続け、ついには父の最期の言葉が『バカ』になってしまうほどに、父を『バカ殺し』にした。

続きを読む

3
(※人によってはフラッシュバックを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれません。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

  (続き)

モラ母は、「父さんがアンタが味方だと思って反抗ばっかするじゃない(怒)!」・「アンタがおらん時はこんなことなかった(怒)!」ともよく僕に言ってきた。

僕は半信半疑だった。それが本当の様な気もしたし、オフクロの嘘の様な気もした。事実はどっちかわからない。

また、叔父がモラ妻のスパルタ・リハビリを「酷い」とも思ったけど、「兄貴が歩けるようになったけえ、それで良かったんだ」と語ったという話も、「言いたいのは『酷い』の方なんじゃ・・・」と僕は思っていた。

『・・・たしかにオフクロの努力の甲斐かもしれんけど・・・ホンマにそうか?むしろもっと歩けるようになってたところを、オヤジの心を折りまくって邪魔してる可能性もあるんじゃないか?』とも僕は考えた。もちろん、そんなことモラ母本人には言わなかったし言えるわけないけど・・・

~~~~~~~

僕は父が泣いているのを目の当たりにして、それに触発されて、何度もモラ母に物申したしリハビリを変わろうともしたけど、その度にモラ母にはねつけられた。

何度も「・・・でもなあ・・・」と堂々巡りで悩んだ。でも、僕の主観だけど最優先すべきは『父の眼への対処』の様に思えた。『・・いやあ、オヤジのあの眼はどう考えてもヤバイだろ、死にそうだって・・・主観でも何でもいいからオフクロのやり方をどうにかしないと・・・』と思った。

何度も物申すうちに、

モラ母:『・・・アンタって嫌味なヤツじゃね(冷)(悲)・・・』
とも言われた。


モラ母:『どうせ私はバカじゃけえね(怒)!』

僕:『誰もそんなこと言っとらんだろうがあ!!』

毒母:『だったらアンタ、ゴハンつくってみんさいや(怒)!』

僕:『!!』

とお決まり・無理やりのモラ母流:「伝家の宝刀」も飛び出してきた。「・・そうだった・・・そう言えば、こんなん言って相手を黙らそうとするヤツだった・・・」と僕は自分が中学・高校生だった頃を思い出した。

~~(今から思うと、僕がモラ母の「恨み」を買っただけで終わった気がする。だから、「アンタは本ばっか読むけえ、そう(ウツなど)なるんよねえ!」という嫌味を引き出したのかも・・・)~~

続きを読む

3
(※人によってはフラバを起こしたり、調子を崩したりする記事かもしれません。今後、このタイプの記事がしばらく増えてくると思います。)

前々回の記事からの続きです。

~~~~~~~
  (続き)

モラ母にリハビリで振り回されている様に見えた父の眼は・・・僕には死にたがっている様に見えた。

いつも涙目で半泣き状態、さらに「虚ろ」と言うか・・・生きる希望を失って絶望している人の眼に見えた(僕の主観)。~~(その後、父は今から2年前に末期ガンで亡くなるまで基本的にはずっと涙目だったけど、この約10年前の初夏の頃ほど、「オヤジが絶望的な眼をしてる」と僕は感じたことはない。この頃の父の眼が一番やばかったと思う。)~~

そもそも、僕は父が倒れた時点で、『これからオヤジはずっとオフクロの奴隷かも・・・このまま死んだ方が幸せかも・・・』などと考えた男。。手術後の意識が無い中で、父の頬をつたった涙の痕も『絶望の涙』と考えた男だ。。

その254 月だけが見てた~大学時代30~
その255 父が倒れた時のこと~大学時代31~

その思考の延長線上で捉えると、倒れた時点で父は既に絶望していたかもしれないのに、リハビリでこんなにも「自分を貶めてくる存在」に振り回されたら、「もっと死にたくなるだろう、もっと絶望するだろう・・・」と僕なら考える。

~~(そして、この約10年前の時点から数年後、実家を脱獄してからの僕は、「オフクロに関わったら死にたくなる!絶対に近付くべきではない!」と強く思っていた。どれだけ寝込もうと、インフルエンザになろうと、「絶対にオフクロには連絡しない!連絡したらもっと状態が酷くなる!もし死ぬならこのまま死んだ方がよい!」と誓っていた。「たとえ交通事故などで入院することになっても、絶対にオフクロには連絡しない!もっと状況が悪くなる!病院のメシもオフクロの顔を見たら吐いてしまう!お見舞いなんかに来られたら、全てが台無しになってしまう!」などともよく考えていた。そう考えたのは僕自身がモラ母に酷いモラハラ・虐待を受けたから、オヤジがモラ妻にリハビリ・介護と称した虐待を受けていたのを見たから・・・)~~

続きを読む

3
※この記事は限定公開記事に設定しました。


(↓にほんブログ村へ、いつも応援ありがとうございます!)
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

(↓人気ブログランキングへも、応援お願いいたします!)
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
続きを読む

↑このページのトップヘ