(続き)~

僕は元々お酒は弱いはずですが、モラ母の言動の悪影響を受けてのトラウマ・PTSDのようなものがあり、さらにお酒が飲みづらくなってると思っています。

~~(煙草やパチンコと違って、僕自身がまだ飲酒を諦めてないので、そう感じる部分もあるのでしょう。)~~


母もほとんどお酒は飲めませんし、飲みません。母は酒飲みを忌み嫌ってました。大した酒量じゃない父を、いつも『アイツは大酒飲み(怒)!』と僕らに愚痴ってました。酒飲み全般を嫌ってました。母自身お酒が弱い・飲めない嫉妬もあったように思います。

僕が高校時代の祖父の葬式で、多少飲み過ぎて取り乱している従姉妹を見て、モラ母は、

「…ナルシカ。よく見ておきんさい。あれが本性なのよ。酔っ払った時に、ああやって本性出すのよ」

と悪意たっぷりに僕に言い聞かせようとしたこともありました。
(↑この言動自体が悪意ある本性だと思うし、モラ母はシラフの時から悪意の本性漏れ出れるくせに!)

逆に、僕が20歳を過ぎてから、モラ母は飲めないなりにもワインに多少はまってチビチビ飲みだしてたんですけど、モラ母がワインをすすめてくるのを断ったら、

『…フッ!あんた酒くらい飲みんさいやあ!嫌味なヤツじゃね(怒)!』だってさ。
( ̄○ ̄;)

~~(言ってること違うじゃん!むしろ逆じゃん!大体どっちがイヤミなんだよ!)~~


~~~~~~~
これらのモラ母の悪意ある言動は、確実に僕のお酒との付き合い方に悪影響を及ぼしてると思います。

酔っ払って自分を出すのを酷く恐れてます。当ブログに書いてるようなことはたとえ言わなくても、それ以外の自分の言動でも他人に嫌われるのを怖がってると思います。

モラ母が言ってたように、『イヤミなヤツ!』と周りの人に思われたらどうしようって…単にいい顔したいだけでもあるけどさ。
|( ̄3 ̄)|

20代前半はそれに全く気が付かなかったんですけど、実家脱出後に徐々に気付き始めました。それ以降は、飲みの席や酒に関することで、過去のモラ母の言動をよく思い出すようになってしまいました。インナーペアレント(IP)の思考に支配されてると思います。

まあ、『認知の歪み』でもあるのかな。モラ母に『禁酒しろ!』って、僕自身が明確に言われたわけではないから。…そう言えば、オヤジは『私はバカです』の刑だけじゃなく、『禁酒』書き取りもさせられてたけど。
(=。_。)



続きを読む