ナルシカです。

先日、姉が父関係のことで長期休暇を取って帰ってきていました。

1回だけ、ドライブデートがてら(笑)2人でゴハンを食べに行きました(2人行動は10年以上ぶり)。少しだけ遠出して、車中でこれからの父のことなどを話し合い、情報交換しました。

で、運転は僕だったんですが…その数週間前のお墓参りの時の後遺症が、僕の運転に悪影響を及ぼしてたんです。

もっと長距離ドライブだったお墓参りの時は全くミスしなかったのに(モラ母が見張ってたからかな?笑)、何個か小さい凡ミスかましてしまって、若干ヘコミました。
(^_^;)


で、その後遺症・ミスというのは、『走行車線だけを走る』ことにこだわり過ぎてしまった結果なんです。いつも通りに追越車線も使って、臨機応変に運転すれば良いものを、お墓参りの時にモラ母に『追越車線を使って遅い車を追い抜いて、また走行車線に戻った』ことに難癖を付けられた記憶が脳内に残ってたみたいなんです。

頑なに走行車線だけを走ることに固執した結果、自動車専用道路を走っている時に、合流地点で左から入ってくる車とのタイミングがあわずにもたついてしまったり。
(↑合流地点の時だけ、いつもの運転通り追越車線に行けば防げた)

道幅減少で走行車線の方が無くなって、追越車線一本になる時も、いつもならさっさとあらかじめ追越車線に移動してるのに、走行車線に残り過ぎて右側に強引に入るハメになったり。

その後も自分のペース崩して焦ったのか、帰り道に間違って高速道路のインターチェンジに入りかけたり(笑)!
( ゜∀。)

『これじゃあ、姉貴がブログ読んでくれても、「母に運転で口出しされるのもやむなし!」って思われちゃうじゃん!』とヘコんでしまいました!

モラ母はいないのに、助手席に乗ってるのは姉なのに、モラ母の影に怯えてしまって、僕の運転は萎縮してしまっていました。その結果、いつもしないようなミスをする負のスパイラルにはまってしまいました。

あるいはミスするごとに、いないはずのモラ母にミスを攻撃された気になってしまい(=プチ認知の歪み)、ますますミスをしてしまった様な気さえしてしまいます。
(=゜-゜)





続きを読む