モラルハラスメント脱獄記-モラ母(毒親・毒母)の精神的暴力=DVからプリズンブレイク-

最新更新日:2016/08/29~~記事総数:約400記事(※現在、9割の記事を限定公開設定か、アップ取り止めにしています。)~~モラ母から精神的虐待され続けた、僕とオヤジ、ときどき姉の備忘録&克服記!!&僕が『悲しみ・怒り・憎しみ』などの負の感情に振り回されながらも、それを浄化・克服していく過程を綴った成長記にしたいです。 ~~※当ブログ発足(2010年12月)後の2012年春に、父は末期がんで他界しました。~~※現在、コメント・トラックバックは受付停止してます。~~※記事には星印☆0~5個までの6段階区分けがあります。「読んでいただけたらな」と思う記事ほど星☆が多いです。その分、被害体験などがある心身不調の方々が、調子を崩したり、フラッシュバックなどを起こす可能性が高くなる記事も混じってるかもしれません。※現在、限定公開とアップを取り止めた記事ばかりになっています(全体の9割)。※よろしければ、モラハラ・アンケート調査にご協力下さい。結果も見れます。

Tag:毒親

2
  (続き)

僕はウツっぽい重い頭を抱えながら、何度も迷った。モラ母に「父の目は死にたがっていると思う」と伝えることを。

『・・・でもなあ・・・言うても全部オレの主観じゃし・・絶望している人の目なんて今まで見たことがあるわけじゃないし・・大体オレ自身が「死にたい」と思ってるからそう思うんじゃねえの?夜な夜な屋上に上がってるし・・・オレの気持ちをオヤジに当てはめるのも違う気がするし・・・大体オフクロは人の話聞かねえし・・言ったからってあのスパルタを止めるとは思えんし・・・でもなあ・・・』などを延々と堂々巡りで悩んでいた。


「オフクロがオヤジをよく観察するようにならないか=絶望の目に気付くんじゃないか」と考えて、『・・・ねえ、オヤジもうボケとる可能性ってないん?』とモラ母に角度を変えて遠回しに伝えてみようとしたことはある。
~~今思えば、勝手に認知症扱いしてオヤジには悪かったと思う。~~

それを言ったら、モラ母はギロッと怖い顔で僕を睨んできて、
『・・・アンタぁ、余計なこと言いんさんなあ(冷)・・・』という返事が。

いやいや、「酷いこと言うな!」と怒られるならわかるんだけど、「余計なこと」って・・・

~~僕はオフクロにとって「余計なこと=都合の悪いこと」的なニュアンスを感じた。認知症か否かは、重要だと思うんだけど・・・父は亡くなる最後まで「認知症」と診断されたことはないはずだし、僕も最後まで認知症にはなってなかったんじゃないかと思うけど(むしろ自分の置かれてる状況を明確に把握してた気さえする。認知症にも段階やレベルはあるけどさ。)・・・モラ母の虐待でいつ認知症になってもおかしくない状況だったと思う。~~


結局この時、モラ母に父の目について明確なことは一度も言えないままに終わった・・
~~(父の眼差しについて初めてモラ母に何かしら言えたのは、今からちょうど3年前の「墓参り」の時だった。)~~

続きを読む

5
(※画像は消去しました。)

①モラル・ハラスメント  人を傷つけずにはいられない
著者:マリー=フランス・イルゴイエンヌ
訳:高野優
(紀伊國屋書店)


(※画像は消去しました。)

②毒になる親  一生苦しむ子供
著者:スーザン・フォワード
訳:玉置悟
(講談社+α文庫)



この2冊はモラル・ハラスメントを語る上で有名だし、マストアイテムですよね。僕もどれだけ気付きを与えられ、助けられたか…

本当はリンク貼りたかったんですけど、いずれ『Amazonアソシエイト』に登録して、やり方勉強してからまた貼ります。

こういう貼り方って問題あるのかな…写真だし、たしか個人ブログで貼る分には問題なかったと思うんだけど…

~~~~~~~

「追記」

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
マリー=フランス イルゴイエンヌ
紀伊國屋書店
1999-12




毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)
スーザン・フォワード
講談社
2001-10-18





(↓ブログランキングへ投票お願いします。)
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ