モラルハラスメント脱獄記-モラ母(毒親・毒母)の精神的暴力=DVからプリズンブレイク-

最新更新日:2016/08/29~~記事総数:約400記事(※現在、9割の記事を限定公開設定か、アップ取り止めにしています。)~~モラ母から精神的虐待され続けた、僕とオヤジ、ときどき姉の備忘録&克服記!!&僕が『悲しみ・怒り・憎しみ』などの負の感情に振り回されながらも、それを浄化・克服していく過程を綴った成長記にしたいです。 ~~※当ブログ発足(2010年12月)後の2012年春に、父は末期がんで他界しました。~~※現在、コメント・トラックバックは受付停止してます。~~※記事には星印☆0~5個までの6段階区分けがあります。「読んでいただけたらな」と思う記事ほど星☆が多いです。その分、被害体験などがある心身不調の方々が、調子を崩したり、フラッシュバックなどを起こす可能性が高くなる記事も混じってるかもしれません。※現在、限定公開とアップを取り止めた記事ばかりになっています(全体の9割)。※よろしければ、モラハラ・アンケート調査にご協力下さい。結果も見れます。

Tag:自殺教唆的モラハラ

5
(※約10年前の最後の『夏の毒』を書いた記事です。人によっては体調・精神状態を崩したり、モラハラ・DV被害のフラッシュ・バック等が起こる様な記事かもしれません。)


~~~~~~~

人間にとって最も残酷なことの1つは、「故郷や家に帰りたい感情まで奪うこと、自らその感情を葬る様に仕向けること」だと僕は思う。


現実に「帰れる・帰れない」・「帰らせる・帰らせない」かは問題じゃない。

父の帰宅願望という精神的な拠り所まで嬲り回して、それを自ら捨てる様な発言をさせる様に仕向けた母・・・



長年妻から虐待され続け、息子も妻側の味方、自分の家なのに居場所はなし、何度も精神病院の短期入院を繰り返し、それでも家族のために働き続けてくれた父、

それなのに、定年間際に脳梗塞で倒れて半身不随、妻には酷いスパルタリハビリ・介護を受け、担当医師が「自殺」という言葉を口にする様な行動まで起こしていた父、

家に戻っても妻からどういう扱いを受けるかはわかっていただろうに、それでも帰宅願望を口にした父、

死にたがっている様な絶望した目をしていた時期を越え、帰宅願望(希望)を口にした父、

それなのに・・・



半身不随・失語症もあって上手くしゃべれない中で、

・『よひっ!!はえおう!!「=よしっ!(家に)帰ろう!!」』

・『ウン!かえいはい!=(ウン!帰りたい!)』

と何度も何度も言った父、

何度言わされても「(私はバカだから)わからない」ことにされて、聞き取りにくいのを悪用されて、何度も嬲り回された父・・・



郷愁や「故郷・家に帰りたい」という感情は、年齢が重なるほどに強くなっていくものだと僕は思っている。

今現在30代の僕でさえそうだ。毎年桜に乗せる想いは強まってるし、この先もっとそういう感情は強くなっていくんだろう。


倒れた当時、50代後半だった父・・・あの時口にした帰宅願望に一体どれだけの想いが乗っかっていたんだろうか・・・


なのに、それを何度も嬲り回された父、

自ら帰宅願望を捨てるかの様な発言をさせられた父・・・


僕が一時的に大学から実家に戻った帰宅願望の重さとは比較にならない父の想い。


続きを読む

2
思い出したことがある。

約10年前に父の目が絶望している様に感じられた、担当医師が「自殺」という言葉を使ったあの頃から、

僕は入院先の父のベッド横の棚に置いてある私物で、何か凶器になりそうなものを隠そう・隠そうとしていた。


凶器と言っても、せいぜい「カミソリ・爪切り・鼻毛切り様のハサミ」くらいしかなかったけど。

それでも僕は怖かった。

なるべく父の目に入らない様に、使ったらすぐ見えないところにしまっていた。半身不随の父ではまず手の届かない場所に置いたり、引き出しの奥にしまおうとしていた。

母が置きっ放しにしていたら、何も言わずにしまっていた(今思えば、これは母から見たら「嫌味な行動」に見えたかも・・・意地悪姑の細かいチェック的な意味に受け取って。こういう「すれ違い」はあったのかもしれない。)



「・・・カミソリで手首を切ることはできる・・・爪切りや鼻毛切りのハサミでも切れないことはないかもしれない・・」

「・・・ベッドの柵を固定してる紐や、ベッド下のセンサーパッドの配線だって切ろうとするかも・・」

などと僕はよく考えていた。

今考えても、別に大げさだとかは思わない。

「・・・凶器になりそうなものは、毎回家に持ち帰ってその都度持ってきた方がいいんじゃ・・・」などとも思った記憶があるが、僕はそれを母に言えなかった。



にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ

毒親 ブログランキングへ

3
  (続き)

母が連呼モラハラで連日父を嬲り回していた期間、その比較的早い段階で僕は思った。

『・・・オヤジに対するオフクロのこの悪意は、もしかしてオレにも言ってるんじゃないか?』と。


『オフクロはオレに対して「早く大学に帰れ」と言いたいんじゃ・・・オヤジを利用して、オレに遠回しに「オマエは帰られん=実家にいてはいけない=早く帰れ=オマエが戻らない限り、父さんを代わりにいたぶり続けるぞ!」と言いたい脅しなんじゃ、これは・・・』と思ってしまった。


父のリハビリ入院期間中、母は僕を引き合いに使って父を怒鳴り上げることがあった。

・『鳴鹿が味方だと思ったら大間違いよ(怒)!』


さも僕が悪いかの様に言われたこともあった。

・『アンタが味方だと思って、父さんが反抗ばっかするじゃない(怒)!』


僕と父が楽しく雑談しているのに遭遇したら、何か含んだ様な物言いをしてきたこともあった。

・『・・・アンタら、楽しそうじゃね(冷)・・・』

などなど。


僕はこの頃、母の前ではなるべく父と楽しく会話している様に見えない様に、なるべく父にフレンドリーに話しかけない様に気をつけていた記憶がある。

~~~~~~~

そもそも、中学・高校時代の頃の僕は、父を虐待していた母と共犯関係であり、父のことを毛嫌いしていた。

母が父に貼る悪意のレッテルに多少の疑問も持っていたとは思うけど、今に比べたらその意識レベルが全然低い段階だった。

10代の頃の僕に、母の「父と息子」分離作戦、「息子が父親を嫌う様に仕向ける」作戦は大成功していた。


そして、母のこの連呼モラハラが始まった時も、『オレが勝手に「家に帰れる」っぽいことをオヤジに言ったせいなんじゃ・・・だからオフクロはオヤジを攻撃するんじゃ・・・』とは最初から思っていた。

そう、思わされていた。

続きを読む

4
(※注意:人によっては体調・精神状態を崩したり、モラハラ・DV被害のフラッシュ・バック等が起こる毒記事かもしれません。)

~~~~~~~

  (続き)

モラ母は「本当に家に帰りたい?」連呼モラハラで父をワザと怒らせ、その後に「(病室で)大きな声出さんの!何でそんな声出すん?」・ 「そんな怒る様な人は家に連れて帰られん!」などと公共のマナーや常識を盾に取った様なふざけたモラハラで父を日々ズタボロにしていたが、


日によっては、連呼モラハラ→常識論の悪用の後に

・『今のリハビリの状況じゃあ、家に連れて帰られん!』
・『もっと歩けるようにならんにゃあ、家に連れて帰られん!』
などとほざく日もあった。

その前段階の執拗な「本当に家に帰りたい?」連呼モラハラなしで、リハビリについて父の更なるやる気をうながすためにそれを言ったなら、そこまで間違ってるとは思わなかったと思う。

~(モラ妻独自のリハビリのやらせ方自体が介護虐待に見える、という問題はあるにしても)~

先にさんざん連呼で父を嬲り回しているから、一見まともなこと言ってるっぽい「リハビリ」についての言及も卑怯な弄びにしか僕には聞こえなかった。


・・・何でだよ・・何であんな酷いことしたんだよ、オフクロ・・・

・・・気持ち悪い・・気持ち悪いよ、アンタのやったこと。


~~~~~~~

連呼モラハラの最中の僕の割り込みは、全てモラ母の「私はバカじゃけえわからん」の伝家の宝刀・逃げ口上で瞬殺された。

・・・何だ?モラ母がオヤジをもて遊んでるのに「私はバカじゃけえわからん」て・・・

オヤジのセリフが半身付随・失語症で聞き取りづらいのをいいことに、「私はバカじゃけえ(お父さんの聞き取りづらいセリフが)わからん」てか(怒)!

「私はバカじゃけえ(旦那が帰りたがってるかどうか)わからん」てか(怒)!

それとも、「私はバカじゃけえ(旦那を傷つけてることが)わからん」なのか(怒)?

・・・ふざけやがって(怒)!。

続きを読む

5
(※注意:人によっては体調・精神状態を崩したり、モラハラ・DV被害のフラッシュ・バック等が起こる毒記事かもしれません。)

~~~~~~~

  (続き)

翌日の病室で、父は前日のモラ妻による嬲り回しに負けず、また自ら不意に僕と母の前で『よひっ!!はえおう!!「=よしっ!(家に)帰ろう!!」』と言い出した。昨日よりも強い口調で意思表明した。

まるでモラ嫁に「お願いだ!オレは家に帰りたいんだ!家に帰らせてくれ!『連れて帰れない』とか言わないでくれ!」と示すかの様に・・・

僕にも「帰りたいんだ!オレの味方してくれ!母さんを何とかしてくれ!」と言いたかったのだろうか・・・


それを聞き咎めたモラ母は、

モラ嫁:「・・ねえ、お父さん?本当に家に帰りたい?」

父の意思の出鼻をきっちり挫き、潰しとくかの様に、またモラ妻の「連呼モラハラ」が始まった。

父:「ウン!かえいはい!=(ウン!帰りたい!)」

鬼嫁に抵抗を示すかの様に、昨日よりも強い口調で父は即答した。

モラ妻:「・・・(無言)」

~~自分の望む答えが返ってこなかった様で、不満な様子の鬼嫁の無言の間・・・のはずなのに、いかにも悲しそうな表情を浮かべて父から目を逸らさないモラ嫁。まるで「家に帰らせてあげたいけど・・・可哀想だけど帰れないのよ(悲)・・・」とでも言いたいような。嬲り回して追い込んでるのはオフクロなのに!?気持ち悪い。~~



モラ妻:「・・・ねえ?本当に!家に!帰りたい?」

父:「・・・(無言)」

~~鬼嫁の無言の圧迫とは真逆の父の無言。悲しそうな、不安そうな顔でやはり鬼嫁から目を逸らせない父。こんな無言・絶句ばかり強いられれば、ただでさえ脳梗塞・半身不随の後遺症が出てるのに、輪を掛けてしゃべれなくなっていくと思う。父の「失語症」という診断は、モラ妻の日々の圧迫・虐待のせいでもあったと僕は思っている。~~


続きを読む

3
あれは約10年前の夏の終わり頃、今ぐらいの季節のことだった。

僕・父・母の3人で父が入所できそうな施設見学に行ったことがあるけど、その後数日以内のことだったと思う。


ある日、病室で親子3人何もしゃべらずまったり過ごしていた時のこと。

父が不意に、『よひっ!!はえおう!!(=よしっ!帰ろう!!)』と強い口調で言った。

半身不随で体の右側が動かないため(口も)に聞き取りづらかったけど、僕には父のセリフが明らかに「よしっ!(家に)帰ろう!」に聞こえた。

「家に帰りたい」という父の表明、僕はそう受け取った。

~~(父は最期まで別に入れ歯は入れなかった。部分入れ歯も入れておらず、最後まで自前の歯はかなり残っていた。入れ歯を外している時の様に受け取れるしゃべり方を今までも書いたことあるけど、それは半身不随の後遺症です。)~~


父は「よひっ!!はえおう!!」を何度か連呼した。独白と言うよりは、僕と母に聞かせて「帰りたい」意思を示すかの様に。

父の目には決意とまで言えるほどの力強さは感じなかったけど、希望の色が浮かんでいる様に僕には見えた。ついこの間まで絶望の眼差しをしていた人間が、生きる希望を見出した様に僕には見えた。

~~(父は施設見学の後にこのセリフを言った。施設入所が現時点(当時)では厳しいことは、父も感じていたはず。いや、初めから施設入所は嫌で、見学も乗り気じゃなかったんじゃないかと。この時点まで、僕は父の意思を確認していなかった。母もしてなかったと思う。未確認のまま施設見学にも行ってたはずだし、父も交えてその辺りの話し合いなどしたことはなかった。)~~


続きを読む

↑このページのトップヘ