(※注意:人によっては体調・精神状態を崩したり、モラハラ・DV被害のフラッシュ・バック等が起こる毒記事かもしれません。)

~~~~~~~

  (続き)

病室で、父が『よひっ!!はえおう!!「=よしっ!(家に)帰ろう!!」』と不意に意思表明をし、

それを受けて僕が『お~!その意気じゃあ!いいこと言うじゃん、オヤジ!!もう少しで帰れるで~!!』という様なことを言ったすぐ後に、

モラ母は父の真正面に座って正対し、こんなことを父に言い出した。


モラ母:「・・ねえ、お父さん?本当に家に帰りたい?」
~神妙に真面目な話をするかの様な口調で~

オヤジ:「ウン!かえいはい!=(ウン!帰りたい!)」

父は即答だった。

モラ妻:「・・・ねえ?本当に家に帰りたい?」

オヤジ:「ウン!かえいはい!」

僕:「・・・?(無言:嫌な予感がしたと思う)」

モラ嫁:「・・・ねえ?本当に!家に!帰りたい?」

モラ母の口調が少しずつ強くなり始めていた。でも、ものすごく冷静に脅していた。

オヤジ:「・・・ウン・・かえ・いはい・・」

父の顔が曇り始めた。不安そうな返事だった。

僕:「!!(絶句)」

数ヶ月前に僕の初相談を嬲り回し、担当医師をキレさせた、同じセリフの「連呼」で自分の要求を通そうとする、自分に都合の良い状況を作り出そうとするモラ母の得意技が始まっていた。

~~(車椅子に座っている父の目の前にしゃがんで連呼しているモラ母。上から見下ろしているわけではなく、目の高さは父より下になっていたが、要求している内容は脅迫だった。父の手こそ掴んでいなかったものの、時折モラ母がまるで幼児を叱る時の様に父の両手を持って強く揺さぶりながら、「いいっ!アンタはバカなんよねええ(怒)!」と激高してなじる距離・体勢と同じだった。)~~


鬼嫁:「・・・ねえ、お父さん!本当に!家に!帰りたい?」
~ますます、強い口調で、でも冷静に~

傍で見てて、どう考えても「(訳):帰りたくないって言え!」にしか聞こえなかった。
脅迫そのものだった。

オヤジ:「!!!(泣)」

半身不随の父の顔が、顔の片側だけで子供が泣く時の顔の様に歪んだ。

鬼嫁はそんな父の顔から一切目を逸らさなかった。


続きを読む